ウイコレ攻略/タクティカルフォーメーション 4-3-3-F(T1)

ウイコレ攻略、タタクティカルフォーメーション 4-3-3-F(T1)について

※各情報は記事作成(または更新)時点のものです。

関連:4-3-3-A(T1)(OMF2枚)の解説記事

関連:4-4-2-G(T1)の解説記事

関連:4-5-1-E(T1)の解説記事

入手方法

ガチャにて期間中(~2020/3/13)にイングランド、クロアチア、イタリア代表のグレード98以上の選手獲得時に入手

対象選手

イングランド

ハリー ケイン

ラヒーム スターリング

ハリー マグワイア

トレント アレクサンダー アーノルド

ジョン ストーンズ

マーカス ラッシュフォード

タミー アブラハム

クロアチア

ルカ モドリッチ

イヴァン ラキティッチ

イタリア

マルコ ヴェラッティ

レオナルド ボヌッチ

ロレンツォ インシーニェ

チーロ インモービレ

 

特徴

細かなパス回しでポゼッションを高め、チャンスを作り上げる陣形。

また、ディフェンス時には、低いDFラインでブロックを形成する。

マスタリーボーナス詳細

ウイコレ攻略 タクティカルフォーメーション 4-3-3-F(T1)

対象ポジション 対象パラメータ 効果範囲
ALL OFE 3~5%アップ
LWG OFE 10~20%アップ
RWG OFE 5~10%アップ
CMF EP 5~15%アップ
DMF DEF 10~20%アップ
LSB SPE 5~10%アップ
RSB STA 5~10%アップ
CB DEF 10~20%アップ
GK DEF 5~10%アップ

※効果範囲はボーナスポイント割り振りに応じて5段階で成長

 

効果範囲こそ最大5%と小さいものの全体へのオフェンスアップが強烈です。ここは最優先&確定でしょう。

CBも対象が2枠で最大20%アップなのでここが次点でしょうか。

残りはフェス優先であれば、2枠あるCMFのEPアップかなというところですが、無課金~微課金のプレースタイルだと悩ましいところでしょうか。

 

六本木FCはフェスは重要視していないので、LWG、DMFに2ポイントずつ、RWGにも1ポイントの均等パターンか、LWG全振りかで考えています。

関連選手

効果範囲が大きいLWG、DMFの高グレードカード所持していると特に恩恵が大きいでしょうか。

LWGはインサイドカッター+シュート系スキル持ち、DMFはディフェンス系スキル2つ持ちのグレード98以上をピックアップしました。

※排出時期が限られているレジェンドは除いています。

LWG

ラヒーム スターリング(イングランド)

フェリペ コウチーニョ(ブラジル/バイエルン共に)

キリアン ムバッペ(フランス)

ロレンツォ インシーニェ(イタリア)

フランク リベリー(フィオレンティーナ)

マーカス ラッシュフォード(イングランド)

参考:LWG適正持ち選手の記事一覧

DMF

ジョシュア キミッヒ(バイエルン)

エンゴロ カンテ(フランス)

ダヴィド ルイス(アーセナル)

参考:DMF適正持ち選手の記事一覧

総評/使用感

六本木FCとしては、4-4-2-G(T1)に続く2つ目のタクティカルフォーメーションです。

4-4-2-G(T1)はけっこう押し込まれることが多かったのと、開始直後からずっと4-3-3ベースで進めてきたので使っておらず、この4-3-3-F(T1)にはちょっと期待しているところです。

ALLポジションのオフェンス最大5%アップということで、それだけで現在時点で総合力がかなり上がるので、大きなチーム力アップがイメージできます。

上述の通り、六本木FCは今のところフェスは重要視していないので、CMFのEPアップには割り振らない方向です。

モドリッチとポグバがどちらもボーナスセンス解放まで進んでいて、EP稼ぎ頭ですが、もっと勝てるイメージが持てるようになったら考え直しですかね。

赤き三銃士(マネ、フィルミーノ、サラー)で固定してきていることもあり、オフェンス重視で両WGに振っていきたいと思っています。

このフォーメーションなんとなくリバプールっぽい感じもして楽しみです。ファンダイクアリソンアーノルドとヘンダーソンとワイナルドゥムとファビーニョが欲しいです。

使用感

本垢、サブ垢ともにメインで使ってます。

1つ明確なメリットとして、CMFとDMFって両方の適正持ちのカードも多いので、サブメンバーに悩まされることが少なくなることが挙げられます。

 

CMFがけっこう上がるので、2枚ともDEF寄りのカードより、OFE寄りのカード1~2枚配置がいいかなと。

六本木FCはCMFがモドリッチとポグバですが、CFフィルミーノのポストプレーから異次元シュートがけっこう発動するのと、高い位置でボール奪ってそのまま異次元シュートのパターンもちょくちょく発動します。

しっかり戻って深い位置でのディフェンスもするので、この2枚は相性が良いのかなという印象です。

進捗1

まずは最初の5ポイントをALLのOFEに振りました。総合力512アップ。

色々パターン変えて計算してみましたがなかなか合わない。

進捗2

次の5ポイントはCBのDEFに。総合力555アップ。

限界突破をFW3枚優先しているのと、DFの高グレードがなかなか引けないのと、2人対象で20%は大きいかなと。

進捗3

次の2ポイントをLWGのOFEとDMFのDEFに1ポイントずつ。総合力231アップ。

どちらも対象1人ですが10%で恩恵大きいので。

進捗4

ラストはLWGに2ポイント、RWGに1ポイント振りました。


関連:4-3-3-A(T1)(OMF2枚)の解説記事

関連:4-4-2-G(T1)の解説記事

関連:4-5-1-E(T1)の解説記事


六本木FCはポイントサイトで貯めたポイントをiTunesカードに交換してPB購入しています。

誰でも簡単にできるので、詳しくは解説記事を。

解説記事:ポイントサイトを使って無料で課金する方法

ツイッターではウイコレのことのみ発信中