ウイコレ攻略/選手カード詳細 マヌエル ノイアー(ナショナル 2020/ドイツ)

ウイコレ攻略/選手カード詳細 マヌエル ノイアー(ナショナル 2020/ドイツ)についての解説です。

※情報は記事作成(または更新)時点のもの

※排出されているかは メニュー → 選手カードカタログ → 排出リスト で確認可

基本情報

名前

マヌエル ノイアー

カテゴリー

ナショナル 2020

チーム

ドイツ

グレード

102

タイプ

バランス

ポジション

GK

適正ポジション:GK

生年月日

1986/3/27

能力

通常

Lv.1 Lv.70 Lv.80
OFE 61 267 508
TEC 214 932 1772
STA 195 849 1613
DEF 318 1384 2630
POW 229 999 1898
SPD 167 729 1386
TOTAL 1184 5160 9807

キラ

Lv.1 Lv.70 Lv.80
OFE 67 294 559
TEC 235 1025 1949
STA 214 934 1774
DEF 350 1522 2893
POW 252 1099 2088
SPD 184 802 1525
TOTAL 1302 5676 10788

スキル/センス

スペシャルスキル

①【A】シュートセーバー

研ぎ澄まされた反応で、相手のシュートを防ぐ

【A】エアウォール

ジャンプしてシュートを防ぐ

セレクトスキル

※セレクトスキルは期間限定のLIMITED版のみ

※イレブンマッチやクリア済のタイプリミテッドマッチでも習得可

【A】鉄壁の守護神

驚異的なビッグセーブでチームのピンチを救う

1試合のなかでGKのセーブ系スペシャルスキルを2回以上発動させる 習得確率30%

【A】高精度ロングフィード

GKから相手守備陣の裏を狙うロングフィード

1試合で10000EP以上獲得する 習得確率30%

チームスキル

【A】DF&GK全パラメータ強化A

DF&GKの全パラメータ1%アップ

恩恵大:タイプ問わずDF&GK全選手、DFの人数の多いフォーメーション

ボーナスセンス

【A】EP50%アップ

試合中のエキサイトメントポイント獲得量が50%アップ

固有連携

確認中

関連記事:連携について(各種連携まとめ)

その他

ライジングスタジアム(2020.6開催)特効

関連:ライジングスタジアム解説記事

育成優先度

所持選手内で最高グレードGKであれば育成リソース(LBPでの限界突破、グローリースパイク、ブーストホイッスル)を使用しての育成の優先順位は最優先でしょう。

同等クラスのFWやレジェンド所持の場合はそちらを優先したくはあります。

リセマラ推奨度

十分に推奨できます。GKの高グレードはリセマラ以降の入手ハードルが非常に高いので、抑えておきたいところです。

こだわりがないのであればデヘア、クルトワの方がより〇ですが、それでもノイアーと同等グレードの他カード1~2枚、特にFWのカードとセットで引けた場合は、ウイコレのリセマラとしては十二分に〇でしょう。

関連記事:ウイコレのリセマラについての考え方

総評

東日本大震災でのウッチーとのエピソードで日本でもファンも多いであろう、ドイツの守護神ノイアーのカードです。

配信開始時点ではデヘアクルトワに次いで、同じドイツのテアシュテーゲンやアリソンと並んで3番手、バランスタイプとして見た場合はGKでNo.1、最強の1枚です。

バランスタイプながらパワーの数値が高く、レジェンドを除くと、同じくノイアーのレギュラー版(バイエルン)に次いで2位の数値です。

また、レギュラー版とはタイプが分かれているので同名でも使い分けが可能です。

 

同等グレードのGKは現状ほとんどスキル構成も変わらないので、その面で大きな違いなどは特にないでしょう。

 

少し気になる点としては代表で見るとテアシュテーゲンに比べて年齢が高いところでしょうか。

ただ、GKは比較的、年齢の影響が小さいので、まだまだ気にしなくても問題なさそうですが、仮にテアシュテーゲンが正GKを不動のものとした場合などは気になるところでしょうか。

現在のドイツ代表の監督が高齢(といってもそこまででもない)の選手に早めに代表引退勧告に近いようなことをしてきていることもあるので、それがノイアーにも適用されると、急に代表が遠ざかることなどがあるかもしれないです。

特にLBPなどはライトユーザーには貴重な育成リソースですから、同等グレードのGKを他にも持っている場合で育成を悩むような場合は、その辺りで長期的なものを考慮するというのも〇でしょう。

 

また、レギュラー版(バイエルン)と両所持の場合も、そういう意味ではどちらを育成優先するか悩ましい面もあります。(それでも個人的には同名ならナショナル版を育成優先します。)

 

とはいえ、敢えて気になるならというレベルですし、上述の通り、タイプリミテッドマッチでの活用シーンもあるため、十分にあたりのGKと言えるでしょう。

使用感

六本木FC未所持のため、イレブンマッチや各種対戦で見ながら追記していきます。

関連記事

デヘア(ナショナル 2020)の解説記事

クルトワ(ナショナル 2020)の解説記事

アリソン(ナショナル 2020)の解説記事


このブログでは絞り込み検索で選手の逆引きができます。

例えば『異次元シュート持ちのパワータイプ』などの条件選択で探している選手を見つけられます。

検索機能は上部ブログタイトルの左右どちらかのアイコンをタップ


六本木FCはポイントサイトで貯めたポイントをiTunesカードに交換してPB購入しています。

誰でも簡単にできるので、詳しくは解説記事を。

解説記事:ポイントサイトを使って無料で課金する方法

ツイッターではウイコレのことのみ発信中